風評被害は予防できる

8月 10th, 2011

物事は何でもそうですが、実際に被害が出てしまってから、対策を講じようとすると、けっこうな手間がかかるものです。それよりも、事前に被害を予防する。まずはそれを考えることが大切です。

風評被害も同様です。風評被害が出てしまうと、それを回復するためには多くの手間と、経済的負担が必要となります。でも風評被害を未然に防ぐことができれば、手間や負担をより小さく済ませることができることになるのです。

企業にとってマイナスの情報が、世の中に流れてしまうことが確定している場合。その情報の流れ方を制御することで、風評被害を最小限に抑えることができます。風評被害は、たとえ実際にマイナスの情報が出ることになったとしても、防ぐことができるのです。

例えば自社の社員が、犯罪を犯して逮捕された。または何らかの不正行為に手を染めた。大きな事故が起こった。手抜きによって、商品に欠陥が生じた。賞味期限を不正に表示してしまった。テレビやラジオにより、事実と異なる報道がされてしまった。

自社の役員や社員がの、ゴシップやスキャンダルが明らかになった。リストラだとか、ボーナスカット、内定取り消しを行った。以上のような深刻な事態が実際にあったとしても、風評被害は最小限に抑えることができるのです。

風評被害対策なら

Comments are closed.