誹謗中傷記事の影響

9月 7th, 2011

逆SEOが必要となってきたというのは、ネットの検索システムに理由があります。

現在では、ある商品やサービスの購入を検討する人の多くが、グーグルやヤフーなどの検索サイトにおいて、その商品名やサービス名、また会社名を入力し、その検索結果を見るということをします。検索するのは、商品やサービス、会社についての具体的な情報が知りたいということもありますが、むしろその商品や会社についての、評判やクチコミを見たいというのも大きいと言われています。

ところでこの検索サイトの検索結果に、商品や会社について誹謗中傷した記事が掲載されているサイトが、上位で表示されてしまうということが、相次いで起こり、大変問題となっているのです。

誹謗中傷した記事ですから、その内容は真実ではありません。根拠のない噂に基づいたもの、悪意のあるものなど様々ですが、これが実際に検索結果の上位に表示されると、多くの人の目に触れることになってしまいます。

誹謗中傷記事を見る人は、それが本当であると思ってしまうことが多いでしょう。そうすると、その商品の売上は下がります。またブランドイメージも失墜し、取引先との関係や、新規採用など、様々なことに悪影響を与えることになるのです。

Comments are closed.